巷に流行し<ぶろぐ>なるもの、我もしてみむとてするなり。 仏蘭西は巴里の地より、 そのよし、いささかものに書きつく。


by ammonitesomnolee
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

伊太利亜で地震


伊太利亜中部での地震の報をきいて、謹んで追悼の気持ちを捧げたいと思います。

同じ地震国出身として、対岸の火事ではありません。
どうか母国も大過なくあれと、祈ります。

地震の予知について、地震学者の方が警報を鳴らしておられたそうですが…市は余計な混乱を招くとして公表その他を控えるよう通告していたそうですね。
数年前の津波に対する注意報についての進言を退けた某国の対応を思い出させるものもありますが…イヤ、津波の場合もこの地震もですが、一個人の意見としては行政の怠慢を指摘したいです。

でも、この意見は感情論が先立ちすぎているという自戒ももっております。

…卵が先か鶏が先か理論ですよね。

自然災害のうち、地震といのは<完全な予測>が不可能とされている災害の一つです。
なので、<予測>が<誤報>になるコトも多い。

『避難』って、何処ににげればいいのだ??って、思うし、『備え』で避難を繰り返して日常生活に支障を来すのは目に見えてますし…少なくとも建物を耐震構造にするとか、避難所の確保、非常連絡手段の確保、非常訓練などといった『基礎対応法』しか日常では準備できなさそうだというのはありますが…伊太利亜っってお国柄なのか、けっこう人民ものんびりですよね。
自分の国が地震国だという自覚に欠けてると思うのです。

この悲劇をしっかり教訓にして、耐震構造の建物等を増やして、そうではない建物はしっかり補強、再建築(気持ちとして、古い歴史を内蔵する建物のもつ趣は大好きだが、人命には代えられないでしょ)して備えていって頂きたいです。

ちょっとの気遣いと備えがあれば、無駄な事で死ななくて済むんですよ、大概のヒトは。
なのに、「イヤ、大丈夫でしょ」とか「まさか、自分には〜」という根拠のない自信を持っていて、安全確保に対して気を抜きすぎてる…と思う。
現在の政府や行政っていうのは、自国人命と財産を無駄に潰えない為にあるのであって、そこに寄生するものじゃないはずなんですけど…守護する代わりにちょっとの報酬が与えられるはずなんだけどな…なんか違う。

柘植大先生の本読んで、勉強し直したら好いと思うよ、ホント。
[PR]
# by ammonitesomnolee | 2009-04-07 19:31 | ちいさなこと

小さいお弁当


相方が自宅で某雑誌用の写真を撮っていました。

小さくお手伝いに勤しんだ私への、今回の報酬がコレ


b0042191_4535491.jpg



綺麗だったのでお弁当仕立てにしてみました。

こんなお弁当を高校生の頃に持って行ってみたかったな。

…足りないよね。
[PR]
# by ammonitesomnolee | 2009-03-31 04:57 |

涙雨


歳を経ることで、厭な事が一つ

<お別れ>が増えていくことだとつくづく思った

厭な事は、たくさんあるほうだと思うけれど…やはり<お別れ>はいつになっても慣れそうにない
イヤダイヤだと駄々をこねたら、もうちょっと一緒にいてくれたらいいのにね

昨日旅立った方へ。
言い表せない感謝と、祈りを。

きっと、泣かれたって嬉しくないですよね。
[PR]
# by ammonitesomnolee | 2009-03-25 22:14 | ちいさなこと

春の嵐


晴れたり雨が降ったり、暖かくなったり寒くなったり、穏やかだと思えば暴風吹き荒れたりと目紛しく変わる季節が、春の予感を抱かせる…結構気紛れで捕らえ所のなさが気に入っている巴里の春先

弥生ともなれば部屋に差す夕日が、明らかに暖かみと彩るく前向きな情緒を投げかけております。

いいねぇ、こういう日々っていうのも。
夏になればウチは灼熱地獄ですが、それもまた佳し。


MACのライブラリの中に手持ちのCDを幾つかいれておりますが、パーティーシャッフルで聞いていると、その取り留めなさが個人的に笑えて仕方ありません。

その中で語学関係のCD教材が何種類かがいきなり始まると、一瞬「コレは何語??」な時があります。
学習言語はラテン語系が主なので、下手するとみんな似たり寄ったり(苦笑)
思いっきり離れた言語ならば発音やリズムで見当もつきますが、如何せん発生源が同じ親戚語なので主立った単語も似てる…聞き流し学習には向いていない(パーティーシャッフルで学習が間違ってる?)なぁ〜と改めて思うのです。

しかし、男声よりも女声の方が学習教材には向いていますね。
本当に、聞き辛いヒトがいて「何故こんな初学者向きとは言えない声で教材作ったのかしら??」と、腹が立つ時もあり(教材CDも試聴したいですねー)。

現在興味のある語学は亜細亜ではチベット語。
思いっきりハードル高く、しかも使用頻度の低い言語ですがね…
まぁ、そのうち始めますよ。
北欧圏と独逸語にも興味はあり…ポルトガル語(ラテン語系だけど)もいいかなぁと思う割に
どこまでいっても英語という選択は出てきません。
こうなったら意地で英語はやらない。
[PR]
# by ammonitesomnolee | 2009-03-11 01:43 | ちいさなこと

およ??


このブログが始まったのが、実は2004年
最後のログが2006年

2年半放置しておりましたが、削除することもなくさりとて更新の気力も湧かずと、
中途半端でありましたが…そこんところどうなんでしょうね?自分的に。
途中まで書いて、投稿していないものが山々溜まっておりますけれど、それらは陽の目を見る事なくこのままでいいかな?と思うぐらいの時間ですね。

少し気分が前向きなので、背景を春…といったら桜よね?と紋切り型で申し訳ありませんが
暫くは、風に舞う花びらを楽しみたいです。

人生は楽しい事、美しい事、綺麗な事だけで彩られていたら…きっとその輝きは半減するだろうと思うのです。
でも、悲しい事、理不尽な事、不安にさせられる事等とも常にガッツリ四つにくんでいなくてもいいよね?とも思っています。


今年の目標の一つは、語学。
もう一個ぐらいは…初級旅行会話ぐらい出来るようになろう!となんとなく思ってます。

口は災いの元だけど、出しちまったら責任持たなきゃね。
[PR]
# by ammonitesomnolee | 2009-03-03 23:51 | ちいさなこと